TSK blog

バスの形式写真や模型を主としたブログです。模型製作等の参考にして頂ければありがたいです。

[社番(車番)付与方法] JRバス各社

[H22.02/13:登録]


● ジェイ・アール北海道バス

国鉄バスの附番法則をそのまま使用。
["国鉄バス"の記事を参照]



● ジェイアールバス東北

国鉄バスの附番法則をそのまま使用していましたが、平成12年09月より以下の付番法則に変更されました。
(現在は貸切車のごく一部を除き、在来車の改番も行なわれています。)
[国鉄バスの附番法則は"国鉄バス"の記事を参照]

例) L537-89271

ハイフン前4桁の"(頭の)英文字":床高さ
Y:低床車(ノンステップ車)
P:低床車(ワンステップ車)
L:低床車(ツーステップ車)
M:標準床車(ツーステップ車)
N:スタンダードデッカー車
J:セミデッカー車
H:ハイデッカー車
S:スーパーハイデッカー車
D:ダブルデッカー(2階建て)車
O:その他

ハイフン前4桁の"百位":車種
1:車体幅2300mm以下かつ全長7000mm未満(マイクロ車)
2:車体幅2300mm以下かつ全長7000mm以上8400mm未満(中型ナロー車)
3:車体幅2300mm以下かつ全長8400mm以上9800mm未満(中型車)
4:車体幅2300mm超かつ全長9800mm未満(大型ナロー車)
5:車体幅2300mm超かつ全長9801mm以上(大型車)
6:全長9801mm以上の観光・高速路線車

ハイフン前4桁の"十位":形状
1:横向き座席
2:前向き・横向き混合(半分以上が前向き)
3:前向き座席
4:横4列リクライニングシート・WCなし
5:横4列リクライニングシート・WC付き
6:横3列リクライニングシート・WCなし
7:横3列リクライニングシート・WC付き
8:寝台("制定"のみで設定なし)
9:その他

ハイフン前4桁の"一位":車台メーカー
1:いすゞ
4:三菱ふそう
7:日野
8:日産ディーゼル

ハイフン後5桁の"万位・千位":年式
西暦の下2桁

ハイフン後5桁の"百位":装備
1:前ドアのみ・板ばね(リーフサス)
2:前中ドア・板ばね(リーフサス)
3:前後ドア・板ばね(リーフサス)
4:前ドアのみ・空気ばね(エアサス)
5:前中ドア・空気ばね(エアサス)
6:前後ドア・空気ばね(エアサス)

ハイフン後5桁の"十位・一位":固有番号
01~29:新車(自社発注)
30~59:バリアフリー対応の新車(自社発注のワンステップ・ノンステップ車等)
60~79:中古車(他社からの移籍車)
80~99:低公害車等の特殊車輌
※ 前7桁(ハイフン前4桁+ハイフン後5桁の万位・千位・百位)ごとの連番

=====

よって、(上記)例の"L537-89271"は…
低床ツーステップ路線車で日野製の、製造年は**89年で、板ばね(リーフサス)装備の前中ドア仕様、中古車(他社からの移籍車)の71号車…ということになります。



● ジェイアールバス関東

発足後しばらくは国鉄バスの附番法則をそのまま使用していましたが、平成02年に附番法則についての改定を行ない、既存車も全て改番されました。

例) S674-90401

ハイフン前4桁の"(頭の)英文字":床高さ
L:低床車(ワンステップ車・ノンステップ車)
M:標準床車(ツーステップ車)
H:ハイデッカー車・セミデッカー車
S:スーパーハイデッカー車
D:ダブルデッカー(2階建て)車
O:その他

ハイフン前4桁の"百位":車種
1:小型車
2:全長8400mm未満(中型ナロー車)
3:全長8400mm以上9800mm未満(中型車)
4:全長9800mm未満(大型ナロー車)
5:全長9800mm以上(大型車)
6:観光・高速路線車
7:特殊車輌

ハイフン前4桁の"十位":形状
1:横向き座席
2:前向き・横向き混合(半分以上が前向き)
3:前向き座席
4:横4列リクライニングシート・WCなし
5:横4列リクライニングシート・WC付き
6:横3列リクライニングシート・WCなし
7:横3列リクライニングシート・WC付き
8:寝台("制定"のみで設定なし)

ハイフン前4桁の"一位":車台メーカー
1:いすゞ
4:三菱ふそう
7:日野
8:日産ディーゼル
0:その他(外国車等)

ハイフン後5桁の"万位・千位":年式
西暦の下2桁
※ 中古車(他社からの移籍車)でも"製造年"を使用。

ハイフン後5桁の"百位":装備
1:前ドアのみ・板ばね(リーフサス)
2:前中ドア・板ばね(リーフサス)
3:前後ドア・板ばね(リーフサス)
4:前ドアのみ・空気ばね(エアサス)
5:前中ドア・空気ばね(エアサス)
6:前後ドア・空気ばね(エアサス)

ハイフン後5桁の"十位・一位":固有番号
前7桁(ハイフン前4桁+ハイフン後5桁の万位・千位・百位)ごとの連番

=====

よって、(上記)例の"S674-90401"は…
3列リクライニングシート・WC装備のスーパーハイデッカー高速路線車で三菱ふそう製の、製造年は**90年で、空気ばね(エアサス)装備の前ドアのみ仕様)の01号車…ということになります。



● ジェイアールバステック

例) 0403


4桁の"千位・百位":年式(導入年度)
西暦の下2桁

4桁の"十位・一位":固有番号
前2桁(4桁の千位・百位)ごとの連番

=====

よって、(上記)例の"0403"は…
**04年度導入の03号車…ということになります。



● ジェイアール東海バス

国鉄バスの附番法則を使用していましたが、平成13年式車以降は番号の重複が発生する可能性が生じるため、年式記号が2桁になっています。
[国鉄バスの附番法則は"国鉄バス"の記事を参照]

例) 744-03991

ハイフン前3桁の"百位":車種
1:室内長6500mm未満かつ室内高1800mm未満(マイクロ車)
2:室内長7200mm未満(中型ナロー車)
3:室内長7200mm以上7800mm未満(中型車)
4:室内長7800mm以上8600mm未満(大型ナロー車)
5:室内長8,600mm以上(大型車)
6:貸切車(車両寸法は不問)
7:高速路線車

ハイフン前3桁の"十位":座席
1:横向き座席
2:前向き・横向き混合(半分以上が前向き)
3:前向き座席
4:リクライニングシート

ハイフン前3桁の"一位":車台メーカー
1:いすゞ
4:三菱ふそう
6:富士重工(ボルボ・アステローペ)
7:日野
8:日産ディーゼル

ハイフン後5桁の"万位・千位":年式
(平成12年式までの車輌は千位のみ)
西暦の下1桁、ただし1桁で番号重複となる場合は西暦の下2桁。

ハイフン後5桁の"百位":装備
4:冷房車・板ばね(リーフサス)
9:冷房車・空気ばね(エアサス)

ハイフン後5桁の"十位・一位":固有番号
前7桁(ハイフン前4桁+ハイフン後5桁の万位・千位・百位)ごとの連番

=====

よって、(上記)例の"744-03991"は…
リクライニングシート装備の高速路線車で三菱ふそう製の、製造年は**03年で、冷房・空気ばね(エアサス)装備の91号車…ということになります。




● 西日本ジェイアールバス

例) 748-9985

ハイフン前3桁の"百位":車種
1:車体幅2300mm以下かつ全長7000mm未満(マイクロ車)
2:車体幅2300mm以下かつ全長7000mm以上8400mm未満(中型ナロー車)
3:車体幅2300mm以下かつ全長8400mm以上9000mm未満(中型車)
4:車体幅2300mm超かつ全長9000mm以上10000mm未満(大型ナロー車)
5:全長10000mm以上(大型車)
6:観光・高速路線車
7:高速路線用ダブルデッカー(2階建て)車

ハイフン前3桁の"十位":形状
1:横向き座席
2:前向き・横向き混合(半分以上が前向き)
3:前向き座席
4:リクライニングシート

ハイフン前4桁の"一位":車台メーカー
1:いすゞ
4:三菱ふそう
7:日野
8:日産ディーゼル
9:外国車(ボルボ・ネオプラン等)

ハイフン後4桁の"千位":年式
西暦の下1桁

ハイフン後4桁の"百位":装備
4:冷房車・板ばね(リーフサス)
9:冷房車・空気ばね(エアサス)

ハイフン後4桁の"十位・一位":固有番号
01~49・71~99:(主に)路線車
51~69:貸切車
※ 前6桁(ハイフン前4桁+ハイフン後4桁の千位・百位)ごとの連番

=====

よって、(上記)例の"748-9985"は…
リクライニングシート装備のダブルデッカー(2階建て)高速車で日産ディーゼル製の、製造年は***9年で、冷房・空気ばね(エアサス)装備の85号車…ということになります。



● 中国ジェイアールバス

国鉄バスの附番法則をそのまま使用。
["国鉄バス"の記事を参照]



● ジェイアール四国バス

基本的に国鉄バスの附番法則をそのまま使用していましたが、平成03年09月以降の新車より附番法則に基づく社番に変更されました。在来車については改番が行なわれておらず、国鉄バスの附番法則をそのまま使用しています。
["国鉄バス"の記事を参照]

例) 691-4901

ハイフン前3桁の"百位":車種
1:室内長6500mm未満かつ室内高1800mm未満(マイクロ車)
2:室内長7200mm未満(中型ナロー車)
3:室内長7200mm以上7800mm未満(中型車)
4:室内長7800mm以上8600mm未満(大型ナロー車)
5:室内長8600mm以上(大型車)
6:中長距離路線・観光・高速路線車

ハイフン前3桁の"十位":形状
1:横向き座席
2:前向き・横向き混合(半分以上が前向き)
3:前向き座席
4:リクライニングシート・(大型)ハイデッカー車・スーパーハイデッカー車
5:リクライニングシート・(中型)ハイデッカー車
6:リクライニングシート・(小型)ハイデッカー車
7:3列リクライニングシート・スーパーハイデッカー車
8:4列リクライニングシート・スーパーハイデッカー車
9:リクライニングシート・UFC(アンダーフロアコックピット)車・ダブルデッカー(2階建バて)車

ハイフン前4桁の"一位":車台メーカー
1:いすゞ
4:三菱ふそう
7:日野 (香川県交通からの移籍車のみ)
8:日産ディーゼル

ハイフン後4桁の"千位":年式
製造年度の西暦の下1桁

ハイフン後4桁の"百位":装備

0:非冷房車・板ばね(リーフサス)
4:冷房車・板ばね(リーフサス)
5:非冷房車・空気ばね(エアサス)
9:冷房車・空気ばね (エアサス)

ハイフン後4桁の"十位・一位":固有番号
前6桁(ハイフン前4桁+ハイフン後4桁の千位・百位)ごとの連番

=====

よって、(上記)例の"691-4901"は…
4列リクライニングシート装備のUFC観光車でいすゞ製の、製造は***4年度(実車は1995年製)で、冷房・空気ばね(エアサス)装備の01号車…ということになります。



● ジェイアール九州バス

基本的に国鉄バスの附番法則をそのまま使用していましたが、平成16年11月以降の新車より附番法則に基づく社番に変更されました。在来車については改番が行なわれておらず、国鉄バスの附番法則をそのまま使用しています。
["国鉄バス"の記事を参照]

車体には4桁に省略されて表記される事が多く、この省略表記は"ドア番号"と呼ばれています。
省略方法は、基本的には車台メーカー・年式(西暦の下1桁)・固有番号の数字から4桁としています、年式以降の4桁をそのまま"ドア番号"として表記している車輌も存在します。特に三菱ふそう車の場合は通常の省略方法の場合4000番台となる事からこれを嫌い、例外的表記としています(例:744-2952号車の"ドア番号"は「2952」)。
また、"ドア番号"の数字をそのまま(登録番号の)希望ナンバーにしている車輌が存在します。

車体に書かれている大きな(2桁の)数字は"デザイン番号"とも呼ばれ、デザイナーが2桁の数字から見た目が良いものを選び、その中から選択されます。重複もあるなど、あくまでデザインの中の意匠として配したもので、附番法則とは関係なく、連番ともなっていません。

例) 748-05554

ハイフン前3桁の"百位":車種
1:全長7000mm以下(マイクロ車)
2:全長8400mm以下(中型ナロー車)
3:全長9000mm以下(中型車)
4:全長9800mm以下(大型ナロー車)
5:全長9800mm超(大型車)
6:中長距離路線・観光・高速路線車
7:観光・高速路線車

ハイフン前3桁の"十位":形状
1:横向き座席
2:前向き・横向き混合(半分以上が前向き)
3:前向き座席
4:リクライニングシート

ハイフン前4桁の"一位":車台メーカー
1:いすゞ
4:三菱ふそう
7:日野
8:日産ディーゼル

ハイフン後5桁の"万位・千位":年式
西暦の下2桁

ハイフン後5桁の"百位":装備
1:前ドアのみ・板ばね(リーフサス)
2:前中ドア・板ばね(リーフサス)
3:前後ドア・板ばね(リーフサス)
4:前中後ドア(3ドア)・板ばね(リーフサス)
5:前ドアのみ・空気ばね(エアサス)
6:前中ドア・空気ばね(エアサス)
7:前後ドア・空気ばね(エアサス)
8:前中後ドア(3ドア)・空気ばね(エアサス)
0:その他

ハイフン後4桁の"十位・一位":固有番号
01~29:一般路線車(新車:自社発注車)
30~49:一般路線車(中古車:他社からの移籍車)
50~69:高速路線車
70~89:貸切車
90~99:その他
前7桁(ハイフン前4桁+ハイフン後5桁の万位・千位・百位)ごとの連番

=====

よって、(上記)例の"748-05554"は…
リクライニングシート装備の高速路線車で日産ディーゼル製の、製造年は**05年で、前ドアのみ・空気ばね(エアサス)装備の54号車…ということになります。

※ (ジェイアール九州バス)側面の"ロゴ"について…
貸切車:"RED LINER"
一般路線車:"RED LINER OMNIBUS"
高速路線車:"RED LINER HIGHWAY"
 ただし、貸切車から転用された車輌は"RED LINER"のみ
定期観光用:"RED LINER SIGHTSEEING"
空港連絡路線用:"RED LINER AIRPORT"

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する